月刊『同朋』誌 2017年7月号

「仏教がみちびく、あらたな人生」
著者:
 
シリーズ:
月刊『同朋』  
発行年月日:
2017/06/19  
ページ数:
60  
判型:
A4  
ISBN:
491-0-8936-5077-9  
400 (通常 \ 400) 在庫 : 385

数量
月刊『同朋』誌 2017年7月号
イメージの拡大

内容

「仏教がみちびく、あらたな人生」をコンセプトに、 生活に密着した話題から親鸞聖人の教えまで、 日々の暮らしのなかにある大切なことを見つめる月刊誌『同朋』。

詳細

【7月号の主な内容】
◎インタビュー 稲垣えみ子さん(元新聞記者)
「捨てていくことが自分にとっての原動力。」

◎特別企画
親鸞に驚く!
没後750年を過ぎても、今なお、
幅広い分野の人々からますます注目が集まる親鸞。
この人の言葉に常識を打ち破られ、
生き方が変わったという人がたくさんいます。
これまでの理念や価値観が大きく揺らぎ、
先行きの見通せない時代に、
ますます輝きを放つ親鸞の生涯と言葉。
その魅力に多角的に迫ります。
●鼎談「これからの社会を一変させるかもしれない「他力」の思想の衝撃力。」
森 達也さん(ドキュメンタリー映画監督)
×安冨 歩さん(東京大学東洋文化研究所教授)
×大澤絢子さん(龍谷大学世界仏教文化研究センター リサーチ・アシスタント)
●親鸞のここにびっくり!目からウロコ≠フ8つのエピソード
●寄稿/親鸞を読み解く新たな視点
・頼尊恒信(NPO法人CILだんない事務局長)
・松金直美(真宗大谷派教学研究所助手)

◎新連載
●親鸞万華鏡/7月号のゲスト:加藤登紀子さん(歌手)
各界で活躍する方々に、様々な視点からの多彩な親鸞観をお聞きする連続インタビュー。
●探訪:真宗民俗/蒲池勢至さん(民俗学者)
各地にひそむ真宗門徒の特色ある信仰の姿や葬儀・年中行事などの儀礼について、民俗学の視点からリサーチ。
●仏教学入門―お釈迦さまからのメッセージ/宮下晴輝さん(大谷大学名誉教授)
2500年前に開かれた仏教の叡智は、今を生きる私たちにどんなメッセージを発しているのか、を学ぶ。
●咲く花 鳴く鳥 そよぐ風/文・写真 伊藤比呂美さん(詩人)
生きること、死ぬること≠ノついて、自然をとおして見つめる連載エッセイ。
●あなたのとなりの僧侶(おぼうさん)
お寺の仕事以外にも様々なスタイルで活動する僧侶の姿を、地域の魅力を交えてご紹介。
※その他、「イラストで知ろう!東本願寺」「教行信証の世界」「仏教なんでも相談室」「旬のいっぴん精進料理」ほか、さまざまなコーナーも好評連載中!

最近チェックした商品