親鸞の伝記−『御伝鈔』の世界−(真宗文庫)

親鸞があきらかにした「浄土真宗」がどのように展開し、現代に生きて、はたらいているのかを問う――
著者:
草野 顕之  (著)  
シリーズ:
真宗文庫  
発行年月日:
2018/02/28  
ページ数:
262p  
判型:
文庫  
ISBN:
978-4-8341-0570-4  
810 (通常 \ 810) 在庫 : 十分

数量
親鸞の伝記−『御伝鈔』の世界−(真宗文庫)
イメージの拡大

内容

親鸞の最期を看取り大谷廟堂の礎を築いた娘覚信尼の孫である覚如が、父覚恵とともに関東に赴いて収集した親鸞の事績と伝承を採り入れて完成させた『親鸞伝絵』。初稿本は戦乱のうちに亡失したが、それに基づいて制作された現存の異本の考証と、各地に残る伝承の分析を通じて、歴史上の親鸞の実像に迫る。

詳細

※2011年宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌記念出版として刊行された「シリーズ親鸞」(筑摩書房刊)を文庫化。
※「シリーズ親鸞」全十巻(筑摩書房刊)は、発行時に真宗大谷派全寺院・教会へ配布しております。

最近チェックした商品