念仏に生きるとき

「清め塩」、「お位牌」と「法名」、夫婦で信仰が違う、「南無阿弥陀仏」って何? 現世利益の「お札」など、ご門徒の問いに二階堂氏が答える。
著者:
二階堂行邦  (著)  
シリーズ:
同朋選書  
発行年月日:
2007/04/01  
ページ数:
232p  
判型:
B6  
ISBN:
978-4-8341-0367-0  
1,080 (通常 \ 1,080) 在庫 : 314

数量
念仏に生きるとき
イメージの拡大

内容

私たちは家族で宗教をどのように伝えていけばいいのか? 現代社会のなかで起こるさまざまな問題から、家族で宗教をどのように考えていくかを丁寧にたずね、私たちにとって「南無阿弥陀仏」とは何かを考えていく。

詳細

【目次】 ●念仏申さんとおもいたつこころ  《問題提起》 真宗の門徒としてどう生きるのか ●往生はなにごとも凡夫のはからいならず 《問題提起》 死んだらどうなるか、どうするか ●なぜ南無阿弥陀仏なんですか? 《問題提起》 南無阿弥陀仏ってなんですか? ●南無阿弥陀仏をどう受けとめるのか 《問題提起》 宗教になにを求めているのか

最近チェックした商品