浄土からの道−二河白道の譬えに聞く−

私たちの歩むべき道を 仏さま方の呼びかけに聞く
著者:
大江 憲成  (著)  
シリーズ:
 
発行年月日:
2020/01/17  
ページ数:
 
判型:
A5  
ISBN:
978-4-8341-0615-2  
1,100 (通常 \ 1,100) 在庫 : 十分

数量
浄土からの道−二河白道の譬えに聞く−
イメージの拡大

内容

どうせ何もない∞人生こんなものだ=c。
時に生きることに行き詰まり、なげやりになってしまう私たち。
欲望と怒りの絶えない人生に、歩むべき確かな道は、帰るべき故郷(ふるさと)はどうすれば見いだせるのか。
本書は、善導大師がつくられ、親鸞聖人が大切にされた「二河白道の譬え」に、人生を丁寧に生き抜く道をたずねる一冊です。
善導大師による「二河白道の譬え」全文の書き下しと、著者大江憲成氏による意訳、また付録として善導大師・親鸞聖人それぞれの解釈を収載しており、学習会や同朋の会のテキストとしても最適です。

詳細

◆目次
二河白道の比喩 書き下し
はじめに 比喩とは何か
1「往生人」とは誰のこと?
2 今、私たちはどこに向かっているのか?
3 私の歩みをさえぎるものは?
4 私の歩むべき道は?
5 歩むべき道が見えない
6 誰と出会うのか
7 私を殺そうとする者
8 死を恐れて
9 自己と出遇って
10 出口のない自力の心
11 すでに道あり
12 釈迦・諸仏の発遣(お勧め)
13 阿弥陀さまの召喚(お招き)
14 呼びかけの中に願われて
15 感動は道の発見
16 善き師、善き友に出遇って
おわりに お浄土は今に開かれて
資料篇
 善導大師のご解釈(『観経疏』より)/親鸞聖人のご解釈(『愚禿鈔』より)

最近チェックした商品