2008年安居本講 『顕浄土真仏土文類』窃以-迷失せる恩徳

著者:
鍵主良敬  (著)  
シリーズ:
安居講録  
発行年月日:
2008/07/07  
ページ数:
178p  
判型:
A5  
ISBN:
978-4-8341-0392-2  
2,750 (通常 \ 2,750) 在庫 : 189

数量
2008年安居本講 『顕浄土真仏土文類』窃以-迷失せる恩徳
イメージの拡大

内容

「如来広大の恩徳」を迷失していながら、それに気づかない自分自身に深く鋭く問いかけられていると切実に感じ、諸氏とともに、宗祖聖人の恩徳を万分の一でも敬信し奉持したいと願う。 宗祖が「ただ仏恩の深きことを念じて、人倫の嘲を恥じず」といい切られたのは、「如来大悲の恩徳」のもつ根源的な光の温かさに触れることのできた感動の表白だったのではないかと語る。

詳細

序 章:真仏土巻の位置と課題 第一章:真と仮の概要 第二章:『涅槃経』の問うもの−虚空のごとし− 第三章:無碍光如来の性起の義 第四章:有と無を離る 第五章:如来の新説・宗師の釈義 結 章:恩徳の深層

最近チェックした商品