この世を生きる念仏の教え

【伝道ブックス64】念仏の教えは死後の問題ではなく、具体的な生き方の問題
著者:
一楽真  (著)  
シリーズ:
伝道ブックス  
発行年月日:
2008/09/10  
ページ数:
80p  
判型:
新書  
ISBN:
978-4-8341-0394-6  
270 (通常 \ 270) 在庫 : 十分

数量
この世を生きる念仏の教え
イメージの拡大

内容

念仏の教えを信じて生きたいと願いながらも、現実の生活の中で常に迷い続ける私たち。 親鸞聖人がお書きになった『浄土文類聚鈔』の中にある「念仏正信偈」の“濁世の目足”という言葉をキーワードに、念仏の教えは死後の問題ではなく、具体的な生き方の問題に関わる教えであることを明らかにします。

詳細

[目次]
■「ようお照らしがありまして」
■念仏の教えは「濁世の目足」
■仏さまに眼をいただくと
■教えを聞いてきたはずなのに
■現実を歩む勇気をいただく
■後の世に教えを伝える
■浄土とはどんな世界か
■信じ込むことが信心ではない
■煩悩に振り回されずに生きる
■なぜ信心決定しないのか
■信心の溝をさらえよ
■ニ河白道の譬え
■勧めてくださる人との出会い
■ダイヤモンドのような信心とは
■十方無量の諸仏にはげまされ

最近チェックした商品