月刊『同朋』誌 2018年5月号

今月の特集は「子どもたちの居場所」
著者:
 
シリーズ:
月刊『同朋』  
発行年月日:
2018/04/18  
ページ数:
60p  
判型:
A4  
ISBN:
491-0-8936-5058-8  
400 (通常 \ 400) 在庫 : 十分

数量
月刊『同朋』誌 2018年5月号
イメージの拡大

内容

「仏教がみちびく、あらたな人生」をコンセプトに、 暮らしのなかにある大切なことを見つめる月刊誌。5月号の特集は、「子どもたちの居場所」。

詳細

【5月号の主な内容】
◎インタビュー 増田喜昭(子どもの本専門店「メリーゴーランド」店主)
「1冊の本が子どもの人生を変える、そんな出会いを育む場所でありたい。」

◎特集
子どもたちの居場所
少子化や子どもの貧困≠ェ問題になるなか、
子どもたちの「居場所」づくりの大切さが注目されています。
子どもたちが安心して時間をすごすことができ、
子どもと大人がいきいきと育ち合えるような
居場所をどうやってつくっていくのか。
昔から子どもたちに居場所を提供してきたお寺の機能にも着目しながら、
さまざまな事例をもとに考えます。

●対談「「居場所」とは、その子がありのままでいられる場のこと。」
木村泰子さん(大阪市大空小学校 初代校長) × 池ア方子さん(真宗大谷派僧侶)

●ルポ/お寺においで!―仏さまが見守り、安心して来られる場所に
●寄稿/子どもの貧困と居場所づくり/湯浅 誠(社会活動家・法政大学教授)
●ミニレポート@/大谷大学が「教育学部」を新設
●ミニレポートA/「山科醍醐こどものひろば」の活動
●仏教の視点から/近藤 章(真宗大谷派僧侶)

◎好評連載
●親鸞万華鏡/5月号のゲスト:平川宗信さん(名古屋大学名誉教授)
各界で活躍する方々に、様々な視点からの多彩な親鸞観をお聞きする連続インタビュー。
●探訪:真宗民俗/蒲池勢至さん(民俗学者) 
各地にひそむ真宗門徒の特色ある信仰の姿や葬儀・年中行事などの儀礼について、民俗学の視点からリサーチ。
●仏教学入門―お釈迦さまからのメッセージ/宮下晴輝さん(大谷大学名誉教授)
  2500年前に開かれた仏教の叡智は、今を生きる私たちにどんなメッセージを発しているのか。
●咲く花 鳴く鳥 そよぐ風/伊藤比呂美さん(詩人)
生きること、死ぬること≠ノついて、自然をとおして見つめる連載エッセイ。
●あなたのとなりの僧侶(おぼうさん)
お寺の仕事以外にも様々なスタイルで活動する僧侶の姿を、地域の魅力を交えてご紹介。
●ペコロスのほどけてしゃがんで/岡野雄一
『ペコロスの母に会いに行く』でお馴染み、マンガ家・岡野雄一さんが、
亡きお母さんから教わった大切な「いのち」のあれこれをつづる連載マンガ。

※その他、さまざまなコーナーを連載中!

最近チェックした商品