月刊『同朋』誌 2021年3月号

今月の特集は、「3・11から10年 被災地の光と影」。
著者:
 
シリーズ:
 
発行年月日:
 
ページ数:
 
判型:
A4  
ISBN:
 
400 (通常 \ 400) 在庫 : 十分

数量
月刊『同朋』誌 2021年3月号
イメージの拡大

内容

「仏教がみちびく、あらたな人生」をコンセプトに、暮らしのなかにある大切なことを見つめる月刊誌。

詳細

【3月号の主な内容】
◎インタビュー 大友良英(音楽家)
危機的な状況になったとき、人は祭りをやりたくなる。

◎特集
3・11から10年 被災地の光と影
2011年3月11日に起きた東日本大震災と
それに続いた東京電力福島第一原発事故から10年。
被災地では、住宅やインフラなどハード面の復興は進んだものの、
コミュニティの再生などソフト面の遅れが指摘されます。
また原発事故の被害を受けた地域では、住民の一部帰還が始まる一方で、
いまだに数万人が批難を継続中。
そして何よりも、亡くなった方々を忘れることなく、
いまも悼みつづける人々の心があります。
私たちは被災地のこうした現実から何を学ぶのか…。
この10年間に起きたことを見つめ直し、自分自身の生き方を考えます。

●対談「これからもずっと現地に足を運び、被災者の声を聞き続けたい。」
千葉望(ノンフィクションライター) × 栗田暢之(特定非営利活動法人レスキューストックヤード代表理事)
●ルポ/この10年、僧侶たちの被災地支援活動
●寄稿/吉田千亜(フリーライター)
●ミニインタビュー/吉澤正巳(非営利一般社団法人「希望の牧場・ふくしま」代表理事)
●仏教の視点から/東舘紹見(大谷大学教授)

◎特別企画
●浄土真宗の「聖徳太子」/安藤弥(同朋大学教授)

◎好評連載
●親鸞万華鏡/3月号のゲスト:森達也(映画監督、作家)
各界で活躍する方々に、様々な視点からの多彩な親鸞観をお聞きする連続インタビュー。
●お斎をつなぐ人々〜東本願寺編〜「中島郡会の大根」
●法話 出遇いを仰ぐ/佐野明弘(真宗大谷派僧侶)
●旬のいっぴん精進料理〜お弁当〜「エリンギの磯部揚げ」/森かおる
●東本願寺界隈 今昔物語/加納雲錦堂(表具)
 東本願寺界隈のお店を紹介。東本願寺と地域・町との関わりや歴史、これからを見つめます。
●真宗門徒のキーワード
●ペコロスのほどけてしゃがんで/岡野雄一
『ペコロスの母に会いに行く』でお馴染みのマンガ家が、亡き母から教わった大切な「いのち」のあれこれをつづる連載マンガ。
●東本願寺 道を照らす行灯法語
 真宗本廟(東本願寺)前の芝生に設置された行灯に掲示されている法語を、毎月ひとつずつご紹介。
●これであなたも仏教ツウ?! クイズで学ぶ仏教語
 普段目にする言葉も実は仏教語だった?! イラストとともに毎月1つ取り上げる仏教語クイズ!
●どうぼうパズルdeひとやすみ
 同朋の誌面や仏教・仏事のことも登場するクロスワードパズル。プレゼント付! ※その他、さまざまなコーナーを連載中!

最近チェックした商品