新刊
月刊『同朋』

月刊『同朋』誌 2024年4月号

  • ¥400(税込)

数量:
在庫 : 0
在庫状況:

この商品について

著者 東本願寺出版
シリーズ

月刊『同朋』

発行年月日 2024/04/01
ページ数
判型 A4
ISBN
内容 詳細

「仏教がみちびく、あらたな人生」をコンセプトに、暮らしのなかにある大切なことを見つめる月刊誌。

★年間購読のお申込みはこちら

【4月号の主な内容】
◎インタビュー 田中泯(ダンサー・俳優)

僕は「地を這う前衛」です。高みへ上がる階段はいりません。

◎特集
子どもの多様性をまもる

昨年公表の統計によると、
22年の出生数は過去最少を記録。
少子化が加速するなか、
ややもすると、私たちは子どもの「数」に
目を向けがちかもしれません。
でも、子どもたちは一人ひとりの人間。
当然、身も心も、
できることも困りごともさまざまです。
子どもという存在の多種多様なすがたに、
果たして私たちは向き合ってきたのか――
大人が知っておくべきこと、
改めるべきこと、伝えるに値する言葉とは?
一歩ずつ考えていくための特集です。

●対談 「何となくいろいろ?」じゃない!多様性の解像度を今より何歩も先へ。
村中直人(臨床心理士・公認心理士)×泉阿弥華(真宗大谷派僧侶)

●インタビュー
子どもは未来に向かって飛ぶ矢である。――教室で学ぶジェンダー平等
/星野俊樹さん(小学校教員)に聞く

●寄稿
みんなカラフル宣言!
/石原真衣(北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授)
あなたの話が聴きたいです!
/岩川ありさ(早稲田大学文学学術院准教授)

●仏教の視点から
共に僧伽として場を開き、子どもたち一人ひとりを同朋(ともだち)として見出していく。
/江馬雅臣(真宗大谷派僧侶)

◎連載
●キッチン菜時記 「ロールキャベツ」/飛田和緒(料理家)
●息できる風景 「たのしい作業通話」/森泉岳土(マンガ家)
●仏教ゆかりの生きもの図鑑 「孔雀」
/文=福田琢(同朋大学教授) 画=大島加奈子(画家・イラストレーター)
●生きづらいこの世界でも 「人脈より大事なもの」/竹田ダニエル(ライター)
●日々平熱のソウル 「カジノ反対に理由はいらない」/中田亮(ミュージシャン)
●民藝の美 「炎の詩人・河井寛次郎」/太田浩史(真宗大谷派大福寺住職)
●リレー法話 いつも、現在から/長野文(真宗大谷派僧侶)
●書いて学ぶ親鸞のことば 歎異抄/鶴見晃(同朋大学教授)
●唯信鈔文意を読む―唯念仏のこころ/山田恵文(大谷大学非常勤講師)
●ペコロスのほどけてしゃがんで/岡野雄一
●古写真でつづる東本願寺
●真宗門徒のキーワード
●どうぼうパズルdeひとやすみ
同朋の誌面や仏教・仏事のことも登場するクロスワードパズル。プレゼント付!
●同朋のひろば
●あなたのとなりの僧侶(おぼうさん)